花粉症に効く果物(じゃばら) 驚きの効果!

花粉症に効くじゃばらの効果

花粉症に効く果物(じゃばら)が注目されています。

 

じゃばらは和歌山県北山村で作られていますが
北山村は珍しい村で知られています。

 

なにが珍しいのかというと、
北山村は和歌山県ですが和歌山県の市町村に接していません。

 

和歌山県ではなく三重県と奈良県に接しているのです。
これを飛地と言います。

 

ですが、じゃばらが花粉症に効くということは
あまり知られていませんでした。

 

あるときまでは・・・

 

では、何故じゃばらが花粉症に効くと
世間に知れたのでしょうか?

 

それは、中居正広さんが出演する
金スマでじゃばらジュースが紹介されたからです。

 

ひとり農業で渡辺さんが花粉症になってしまい、
対策として考えたのがじゃばらジュースを飲む方法でした。

 

その後、テレビを観ていた人がじゃばらジュースを
大量に買い占め在庫が品薄になることもありました。

 

じゃばらジュースといっても種類豊富にあり
味が少しずつ違います。

 

甘みをつけて飲みやすくしたものや、
飲んだ瞬間に酸っぱいと感じるもの。

 

薬を飲んでいる方には効果が低いかもしれませんが
飲まないよりは飲んだほうが花粉症対策にはなるでしょう。

 

じゃばらは柑橘類で見た目は
ミカンやオレンジのような感じです。

 

和歌山県の北山村で栽培されていますが、
自然に育っていた樹はこの地域だけでした。

 

そのため、あまり知られることなく
ひそかに販売されていました。

 

じゃばらは地元の人に愛されている果物で
テレビなどで花粉症に効くと取り上げられ、

 

それがきっかけで、

 

じゃばらを食べた人、ジュースを飲んだ人が増えました。
そして花粉症に効いたため、更に売れ続けています。

 

名前は邪気をはらうというところからきていますが
花粉症に効くのでしたらピッタリの名前です。

 

じゃばらに含まれるナリルチンという成分が
花粉症に効果があると言われています。

 

ナリルチンはゆず、すだちにも含まれていますが、
じゃばらのほうが圧倒的に多いです。

 

また、ナリルチンは皮に多く含まれています。

 

熟したじゃばらはゆずのような甘さで美味しいですが、
ナリルチンの量が少なくなってしまうため
甘みがでる前の固めの状態のときに収穫するそうです。

 

毎年、花粉症で悩み人はじゃばらジュースがオススメですが、
いまは皆が知っているため花粉症が多い季節は
買えないことも多いです。

 

もし、じゃばらジュースが売り切れで購入できなかった場合は
「白井田七。茶」がオススメです。

 

白井田七。茶はオーガニック緑茶で
アレルギー性鼻炎や花粉症で悩む人用のお茶です。

 

花粉症の季節だけでなく年間を通して飲めます。

 

白井田七。茶の口コミやレビューを知れば
白井田七。茶に納得します。

 

また、近年では花粉症になた豆茶も効果があるのではないか!
とも言われてきています。

 

なた豆に含まれる成分カナバニンが花粉症の症状を軽くしたり、
花粉症にならないように守ってくれる!ような働きをするのです。

 

なた豆茶カナバニン効能効果で、
カナバニンの効能や効果について詳しく書いています。

 

また、なた豆茶のおすすめランキングも掲載されていますので
カナバニンの効能や効果が気になった人は参考にしてください。

 

とは言うものの、
このカナバニンが花粉症にどれだけの効果があるのかは
信用できませんので自己判断でお願いします。

 

花粉症に悩む人はなたまめ茶を一度飲んでみるのもよいでしょう。